NST便り-第33報-

みなさんこんにちは.言語聴覚士の小松です.

今回は“咀嚼”についてお話しいたします.

“咀嚼”とは食物を歯で噛み,粉砕することを言います.

みなさんは食事の際,よく噛んで食べていますか?現代人は「噛む力が弱くなった」「噛まなくなった」と言われています.1回の食事での噛む回数を比べてみると,弥生時代は約4000回,現代は約600回と大幅に減っているのです.これは,昔に比べると柔らかい食べ物が増え,食生活が変化したことが影響していると言われています.確かに,街中でも「とろける〇〇」「生△△」「ふわふわ」など柔らかくて美味しそうな食べ物が溢れています.

しかし噛む回数が減った現代人は,医療が発達したことにより「長生きはできるが不健康な人も数多くいる」という状況になっているそうです.

そこで今回はより健康で過ごせるよう,噛むことによる効果を紹介します.

①肥満防止:ゆっくりよく噛むことで食べ過ぎを防ぎ,肥満防止につながります.

②味覚の発達:食べ物の形や固さを感じることができ,味がよくわかるようになるなど,味覚が発達します.

③言葉の発達:口周りの筋肉をよく使うことで,顎の発達を助け,表情が豊かになったり,言葉の発音がきれいになります.

④脳の発達:脳血流が増えるので,子供は脳が発達し,大人は物忘れを予防することができます.

⑤歯の病気予防:よく噛むことで唾液がたくさん出ます.唾液には食べかすや細菌を洗い流す作用もあり,虫歯や歯肉炎の予防につながります.

⑥がんの予防:唾液に含まれるペルオキシダーゼという酵素が,食品の発がん性を抑えるので,がんの予防につながります.

⑦胃腸快調:消化を助け,食べ過ぎを防ぎます.また胃腸の働きを活発にします.

⑧全力投球:身体が活発になり,力いっぱい仕事や遊びに集中できます.

この8つの効果の頭文字を取って日本咀嚼学会では「ひみこの歯がいーぜ」という標語も作られています.

是非みなさんも,よく噛んで元気に過ごしましょう!

NST便り-第32報-

ヒトの歯と食事内容の関係

 先ず,ヒトの歯の種類,数(合計28~32),機能を確認してみますと,以下の通りです.

・切歯 2対で上下の合計 :8                 ;野菜や果物等を嚙み切る.

・犬歯 1対で上下の合計 :4                 ;魚や肉を噛みちぎる.

・臼歯 4~5対で上下の合計 :16~20         ;穀物や豆類をすり潰す.

 

 次に,ヒトの歯の数の総数に対する比率と機能に合わせた食事内容を,考えてみます.

・切歯 8本で総数に対する比率 :25                野菜や果物

・犬歯 4本で総数に対する比率 :12.5             魚や肉類

・臼歯 16~20本で総数に対する比率 :62.5             ;穀類や豆類

 

 ここで,厚生労働省が定めている食事摂取基準による総エネルギー量に対する必要量(私たち管理栄養士は,この基準に基づいて集団給食の献立を作成します.)と比較してみます.

・切歯 25 ;野菜や果物.

・犬歯 12.5 魚や肉類        ;食事摂取基準による必要たんぱく質量1320

・臼歯 62.5 穀類や豆類  ;食事摂取基準による必要炭水化物量5065

 

 以上から、歯の比率食事摂取基準とを比較すると,ほぼ一致していることがわかります.

 

 申し添えますが,食事摂取基準の算定根拠は,歯数の総数に対する比率には言及しておらず,あくまでも,各栄養素の摂取不足を回避するとともに,生活習慣病の発症予防および重症化予防を目的とするものです.

 

 偶然の一致なのかもしれませんが,人間の体は合理的にできていると,感心した一例を紹介いたしました.

 

管理栄養士  町田郁子

NST便り-第31報-

日本病態栄養学会 年次学術集会

2022年1月28日から1月30日まで,第24回・第25回日本病態栄養学会 年次学術集会が2年ぶりに,新古賀病院 川﨑英二先生,盛岡市立病院長 加藤章信先生を会長に,京都国際会館およびweb上で開催されました.例年は会場に6000人ほどが参会いたしますが,今回は「参加者数:4,649名,セッション視聴数:22,352件」と発表されました.

当院からは

①一般演題:3つの口演

  • COVID-19 入院患者における低栄養への認識とリハビリテーションの重要性

      小松結愛 言語聴覚療法士

  • 脊髄小脳変性症と診断されていた,摂食異常,sarcopeniaを呈したアルコール依存症による周期性四肢麻痺の一例

      鈴木健介 看護師

  • サルコペニア(加齢による病的な筋肉減少症)を判定するための筋肉量の簡易推定法

                              板倉由紀 管理栄養士

 

②シンポジウム11高齢者における病態別栄養管理の実践と課題

  • Nutritional Management in the Elderly; Overlooked Neurological Deficits in the Average Joe

                              指定演者:黒川泰任

 

③シンポジウム18骨粗鬆症の栄養:現状と展望

  • A Lookback on Calcium Physiology applicable for Clinical Settings

                              座長および指定演者:黒川泰任

 

ICU・救急の栄養管理②

                             座長:黒川泰任

 

特別招待口演は

2018年のノーベル医学生理学賞に輝いた本庶 佑(ほんじょうたすく)京都大学 がん免疫総合研究センター センター長 特別教授の

癌免疫療法の新展開」でした.

話題としては

  • ICUの栄養特別加算 や
  • 心不全の塩分管理において,「従来の減塩食一辺倒は栄養投与という点からは必ずしも適当ではない」,などが目に付きました.

黒川泰任

 

NST便り-第30報-

「ST」NST

ご無沙汰しております.言語聴覚士の磯崎です.

たびたび記事を載せていただいていますが,今回は「言語聴覚士(以下ST)」という職業について書きます.

STは、理学療法士(以下PT),作業療法士(以下OT)と同じく,リハビリテーションの専門職で,脳卒中の後遺症で失語症,構音障害などの言語障害に対して言語訓練をしたり,近年では,日本人の死亡原因の3位(最近は「老衰」とされて5位まで下がりましたが…)となっている「嚥下障害」に対する嚥下訓練を行ったりする資格職です.

「自分が人生の最後に何を食べたいか?」と質問されたりしたことはありませんか?

このコーナーで多くの職員が書いたように,私たち日本人にとって「食べる」ことは,「生活の質」,大げさに言うと「人生の質」に大きく影響していると思います.

僕は,おいしいものを食べるだけで,とても幸せな気持ちになります.とても大切なことです.

20歳代より40歳代では食べられる量は減ります.寂しいことに,どんどん食べられなくなっていきます….80歳代,90歳代だとどうでしょう….食べることが,少し大変になってきます.

「楽しみ」が「楽しみ」ではなくなってしまう辛さ.

僕はSTをしていますので,老齢で食べられなくなっている人の評価や訓練をすることがあるし,脳卒中による嚥下障害で食べられなくなってしまった人にも評価や訓練をすることがあります.

人は食べたもので出来ていますから,この「NST」は身体的な健康を支える上でも,とても大切だと考えています.

食べられなくなって,やせ細っていく人もたくさん見てきましたし,運動を頑張っても必要なたんぱく質やアミノ酸を摂らないと筋肉はつきません.

つまり,食べることは,人生の大きな楽しみであるし,食べなければ健康も得られない必然ということです.

このNSTという組織では,僕たちSTも含めて様々な職種で多角的に皆さんの「食べる」ことを支えます.

栄養を摂って,適切な運動をする,これがわれわれ生物の理想と必然です.しかし、人は必ず食べられない時が来ます.老齢や病気によってです.そうやって死を迎えるのも生物の宿命だからです.

皆さんが少しでも長く,楽しい食事ができるようにお手伝いさせていただきます.何かあったらお声掛けください.

おいしいもの食べて,楽しく過ごしましょう.

ではまた!

NST便り-第29報-

ラジカセ

昔,大学の医局にいた若い頃,新しい教授が赴任された.

世界レベルの巧みな手術手技を持った先生である.

手術室に巨大な「ラジカセ」を持ってきて,度肝を抜き,「これがないとリラックスできまへんからな」と関西弁が新鮮だった.

カセットテープで「ロッド ステュワート」が がぁーん と来て,さらに度肝を抜かれた.

誰も味方のいない一匹狼で乗り込んできて,自分のやり方を始めることになって,大いに緊張していたのだろう.

もちろんロッド ステュワートはしばらく続いた.

自分も術者になってリラックスのために音楽は必要だった.

ラジカセでCDや,400チャンネルの有線放送設備があった.

主に,はやりの歌謡曲を聴きながらやったが,知っている曲はつい謡ってしまうので,その後は有線のB40:すなわちモーツァルトにした.もちろん知っている部分はうたってしまうが,歌詞がないから,みな ラ ラ ラ ですむ.

家の近くにこじんまりとしたパン屋があった.とうさん一人で切り盛りしていた.一人なのに何十種類もパンがあって,きっと毎朝3時に起きてパンを焼いて,夕方また翌朝の仕込みをしていたのだろう.

いつも,モーツァルトがかかっていた.「こうしないとおいしいパンが出来ないんだ」と言っていた.25枚のCDがまとめて入るマルチ CD チェンジャーというやつだった.昨日は「あの曲」,今日は「この曲」と,当てるのも楽しみだった.

カナダにいた時,実験がうまくいかず,言葉も通じなくて孤立感は最大だった.隣の病理のラボは1日中ラジオがかかっていた.当時の古いIBMのPCでは音楽再生は夢の又夢だった.

しばらくして,手術室の看護師から手紙をもらった.「早く帰ってきて下さい.そしてまた,みぽりんをかけながら一緒に手術しましょう」とあったので,励まされて,大いに涙した.

いい音楽がかかっていると食欲も増すだろう.病室でもロッド ステュワートやモーツァルトが常に流れていると,皆の食餌摂取量がアップしそうだ.

全館同じ曲というわけにはいかないが,食事の時くらいはテレビなどに注意を奪われずに,耳から脳に気持ちよく流れる音楽があってもいい.

黒川泰任

 

NST便り-第28報-

皆さんはじめまして!今年の7月よりNSTに加入した看護師の松崎と申します

今年も残すところおよそ2か月となり,北海道の早い冬が訪れようとしています.そんな冬にも「脱水」が起こりうることを皆さんはご存じでしょうか?

脱水というと暑い夏のイメージが強いかもしれませんが,実は冬でも脱水を引き起こすリスクがあります.その1番の理由は,空気の乾燥が挙げられます.最近の住宅は気密性が高いうえ,エアコン・ストーブなどの暖房器具の使用によりさらに湿度が低下します.乾燥した環境では,皮膚や粘膜,あるいは呼気から自覚がないまま水分が失われる「不感蒸泄」が増えます.つまり冬場では日常の室内生活で知らないうちに,体から失われる水分量が増えている可能性が高いのです.

加えて冬は水分を失っている自覚が少ないため,夏場に比べて水分摂取量が減少傾向となります.「体感温度が低いと喉の渇きを感じにくい」,「体を冷やしたくない」などの理由で水分摂取を控えてしまいます.

このように、空気の乾燥による不感蒸泄の増加・水分摂取量の減少が同時に起こりうる冬は,日常的に脱水のリスクと隣り合わせであることに注意が必要です.

脱水の症状としては,皮膚の乾燥,口腔内乾燥,倦怠感,活気がなくなる,眩暈や立ち眩みなどがあります.

冬場の暖房の効いた部屋で長時間過ごすときの脱水予防としては,喉の渇きを感じる前にこまめな水分補給を心がけることが重要です.不感蒸泄では電解質はあまり失われないため,日常生活における脱水予防としては,温かい白湯などの体を温めつつ水分を補える飲料が良いと思います.また,室内の湿度を高く保つことも必要です.食餌には,ホウレン草や小松菜のような電解質・水分が豊富な緑黄色野菜や果物を摂るのもいいかもしれません.

そして冬はインフルエンザや感染性胃腸炎の流行時期でもあります。嘔吐や下痢,高熱で発汗したときには,水分と共にナトリウムやカリウムなどの電解質も失っているため,水を大量に飲むだけでは適切な水分補給ができません.水だけを大量に飲むと一旦は体液量が増えますが体液に含まれる電解質の濃度が下がり,体液濃度を一定に保とうとする体の仕組みで水分のみが排出されるため,脱水状態から回復できなくなってしまいます.水分と共に電解質を失っているときには、水だけを飲むのではなく,電解質を含む飲料(スポーツドリンクや経口補水液)で補水することが重要です.

感染症に目が向いてしまうご時世ですが,バランスの良い生活を心がけ,「冬の脱水」による体調不良にも気を付けていきましょう.

看護師 松崎美咲

NST便り-第27報-

皆さんはじめまして.臨床検査技師の山本と申します.

秋があっという間に訪れ,気温が下がって空気が乾燥する季節になってきました.空気が乾燥すると肌だけでなく,喉や鼻の粘膜も同じように乾燥します.乾燥すると鼻の粘膜が弱って傷がつき,鼻づまりや鼻血が出やすくなります.また,粘膜が乾燥するとウイルスなどの異物が体内に侵入しやすくなります.そのため,乾燥肌の対策だけでなく鼻粘膜の乾燥を防ぐことがとても重要です.

乾燥に加え,寒いと鼻水が出て鼻をかむ回数が多くなり,さらに粘膜が傷ついて鼻血しやすくなります.私も鼻をかむと鼻血がでることが多いです.鼻血の主な原因としては,空気の乾燥,鼻炎などで鼻の粘膜が弱って傷つき,毛細血管が破れて出血します.

鼻血を予防するには,鼻の粘膜を傷つけないことが重要で,鼻をいじることは避け,鼻をかむときも優しくかむようにします.また,粘膜をつくりだすビタミンや鉄分などの栄養素を摂取することで鼻の粘膜が強化され,予防につながります.粘膜をつくる栄養素を含む食品としては,ムチンを含む納豆,オクラなどねばねばした食品,ビタミン(A, B2, B6, Cなど)を含む緑黄色野菜,果物,乳製品,卵,レバーなどがあげられます.これらの食品を意識して摂取することで,粘膜が強化されます.

また,鼻血は普段の行動,生活習慣や乾燥に気を付けることでも,ある程度予防できます.

これからの季節はインフルエンザやコロナの検査を受けることが増えると思われます.検体を採取する際に鼻腔を綿棒で傷つけることもあります.検査が必要ないように,皆様体調管理をしっかりしてお過ごしください.

臨床検査技師 山本 みお

NST便り-第26報-

栄養サポートチーム(NST)加算取得

当院では入院患者様における栄養改善・維持の重要性を強く認識し,NST回診を2019年7月17日より開始し,今年7月で2年余りが経過しました.

2019年の10月1日には「日本病態栄養学会認定病態栄養研修施設」として認定を受けました.

その後,2020年1月に,薬剤師1名,管理栄養士1名

また,2021年1月には,看護師2名,管理栄養士2名    が

京都市での厚生労働省NST加算研修を受講し,さらに電子カルテ等のシステム構築を行い,今2021年4月より,晴れて『栄養サポートチーム加算』の施設基準を満たすことが叶い,診療報酬に反映することができました.

その後もNST回診を積極的に行ってまいりましたが,今回2021年9月15日をもって,100回目のNST回診を迎えることと相成りました.

これも一重に院長先生をはじめ,院内外の諸先生,病棟看護師・パラメディカルスタッフ一同の尽力の賜物と深く感謝すると共に,今後も変わらぬご支援・ご高配を賜りますよう宜しくお願い申し上げます.

今後も,患者様の健康回復に尚一層貢献できるように,病院全体として栄養問題に取り込んでいきたいと考えております.

事務部 事務部長 町田 実

NST便り-第25報-

はみがき

はじめまして.

今年からNSTのメンバーとして活動させていただいています,山岡です.

今回は,皆さんが日々行っている「歯磨き」についてお話しさせていただきたいと思います.

歯磨きの目的は,「虫歯や歯周病の予防」,「誤嚥性肺炎の予防」といったものはもちろん,「食欲の増進」,「手指の運動を促す」ということも挙げられます.

2016年の歯科疾患実務調査(厚生労働省)によると,一人あたりの平均歯数は徐々に増えており,80歳で20本以上有する方の数は,前回調査時には40.2%でしたが,今回は51.2%と大幅に増加していました.この理由として,1989年に開始された,80歳以上で歯を20本以上残そうという「8020(はちまるにまる)運動」や,「“毎日歯を磨く”ことが習慣化された」ことなどが理由と考えられています.

「歯磨き」というと,1番に思いつくアイテムは「歯ブラシ」だと思います.歯ブラシの大きさは,前歯2本分の幅が適切と言われています.大きすぎると奥歯をきれいに磨くことが出来ず,そこから虫歯になってしまうことも….

また,歯の間など磨きにくい部分は,歯間ブラシやデンタルフロスなどで汚れを取り除くことでさらに歯磨きの効果がアップします.実際に私も歯科医院で勧められ,デンタルフロスを使用しています.

また,歯の汚れだけではなく,舌に付着した汚れ(舌苔:ぜったい)があると味覚の低下を引き起こしてしまうなどの問題も生じます.無理にきれいにしようと固い歯ブラシで磨くと舌を傷つけてしまうため,シリコン製や柔らかい毛の「舌ブラシ」といったものが効果的です.近頃はドラッグストアなどでも簡単に買うことできるので,気になった方は一度手に取ってみてはいかがでしょう.

私たちがより健康な生活を送るためには,口の中を清潔に保つことが重要とされています.まずは今使われている歯ブラシや磨き方を一度見直し,お口の中の健康を目指してみませんか?

言語聴覚士 山岡しおり

NST便り-第24報-

 すいか

外気温が徐々に上がってきました.暑くなると食べたくなる果物はすいかです.

そこで今回は,すいかについて,書かせていただきました.

すいかと言えば,水分が多い果物というイメージをお持ちだと思います.

その通りで,すいかは,重量の約90%が水分です.

しかし,意外と栄養素も含まれており,ビタミンD,ビタミンK,ビタミンB12,コレステロール,食塩,この5つ以外の一般的な栄養素は,ほとんど含まれております.

わが家では,盛岡冷麺を食べる時,すいかとカルビ焼肉をトッピングにします.カルビ焼肉には,すいかに含まれない上記5つの栄養素が含まれるため,この組み合わせで,バランス栄養食が1品出来上がるというわけです.

次に,すいかに含まれるアミノ酸について考えてみました.

必須アミノ酸はすべて含まれていますので,筋肉を作るために重要なBCAA(branched-chain amino acid 分枝鎖アミノ酸)は,含まれております.

必須アミノ酸の他に注目すべきと考えられるのは,アルギニンです.

アルギニンは,コラーゲン合成や血流促進に寄与するとされております.褥瘡などの侵襲が発生した時に体内での合成が不足するため,条件付き必須アミノ酸として,最近注目されております.

すいか1切れを食べたとすれば,アルギニンは100 mg摂取できます.当院が採用している栄養剤1本に含まれるアルギニンは130 mgですから,アルギニン補給を考えると,すいかは優秀な果物と言えそうです.

最後に,余談ですが,下の写真は,西アジアの某国を旅行中に発見した果物屋です.国産品と比べて,形も色も売り方も異なったすいかでした.すいかは色の濃さと甘さが比例すると言われておりますが,どうやら本当のようでした.

甘くて美味しかったです.

 

この国では,どこでもこのように販売していました. 日本産と比較すると,果肉は一層赤く,種子の数は多目でした.

管理栄養士 町田郁子