職員研修会が行われました

9月9日の17時30分より、藤花会グループの職員を対象とした研修会が行われました。

今回は 「認知症への理解を深める」 ~認知高齢者が穏やかに過ごせるための対応~ と題し、江別市立病院の老人看護専門看護師である、山下いずみ先生を講師にお招きし研修を実施しました。

山下先生には、ここ数年毎年研修会を行っていただいており、今年も認知症とはどのようなものか、認知症の方への対処法はどのようにしたら良いか、ユマニチュードやカンフォータブルケアとはどのようなものか、といったような内容をとても分かり易く教えていただきました。

 

院内職員研修会が行われました

8月30日の17時30分より、当院の感染制御チーム専任看護師である池間看護師を講師に「今日からできる感染対策」と題する職員研修会が行われました。

どの様にしたら感染が起こるのか、その防ぎ方はどの様にすれば良いか、などといった内容を1時間程度で分かりやすく教えていただきました。

 

NSTの講習を行いました

8月7日の17時30分より全職員対象で、脳外科の黒川医師によるNSTの講習会が行われました。

NSTとは『栄養サポートチーム』の事で、その考え方がなぜ出てきたかといった歴史の話や、そもそも栄養とは!?といった基本的で分かりやすい講習を行っていただきました。

 

防火訓練を行いました

毎年実施している昼間を想定した防火訓練を行いました。

消防署の方々が見守る中、午前と午後の診療の合間に実施しました。参加した職員は皆、本番さながらの消火活動や避難誘導を行っており、終了後には消防署の方から「てきぱきとした良い動きでした」とお褒めの言葉をいただくことがきました。

夏コンサートを行いました

昨年も行った院内コンサートを今年も開催しました。

ヤマハで講師をされていた、高山さん、束原さん、森川さんの3名が、エレクトーンとピアノを使用して、「ルパン3世」、「水戸黄門のテーマ」などのアニメやドラマの曲、「美空ひばり」さん、「テレサ・テン」さん、「ピンク・レディー」さんなどの歌謡曲、あと「鬼のパンツ」という手遊び曲などなど、色々なジャンルの曲をアンコールも含め12曲も演奏してくださいました。

演奏を聴いていた患者様も、歌謡曲を口ずさんだり、手遊び曲では手を大きく動かして参加している方がたくさんいて、皆さん楽しい時間を過ごされていたようでした。