NST便り-第30報-

「ST」NST

ご無沙汰しております.言語聴覚士の磯崎です.

たびたび記事を載せていただいていますが,今回は「言語聴覚士(以下ST)」という職業について書きます.

STは、理学療法士(以下PT),作業療法士(以下OT)と同じく,リハビリテーションの専門職で,脳卒中の後遺症で失語症,構音障害などの言語障害に対して言語訓練をしたり,近年では,日本人の死亡原因の3位(最近は「老衰」とされて5位まで下がりましたが…)となっている「嚥下障害」に対する嚥下訓練を行ったりする資格職です.

「自分が人生の最後に何を食べたいか?」と質問されたりしたことはありませんか?

このコーナーで多くの職員が書いたように,私たち日本人にとって「食べる」ことは,「生活の質」,大げさに言うと「人生の質」に大きく影響していると思います.

僕は,おいしいものを食べるだけで,とても幸せな気持ちになります.とても大切なことです.

20歳代より40歳代では食べられる量は減ります.寂しいことに,どんどん食べられなくなっていきます….80歳代,90歳代だとどうでしょう….食べることが,少し大変になってきます.

「楽しみ」が「楽しみ」ではなくなってしまう辛さ.

僕はSTをしていますので,老齢で食べられなくなっている人の評価や訓練をすることがあるし,脳卒中による嚥下障害で食べられなくなってしまった人にも評価や訓練をすることがあります.

人は食べたもので出来ていますから,この「NST」は身体的な健康を支える上でも,とても大切だと考えています.

食べられなくなって,やせ細っていく人もたくさん見てきましたし,運動を頑張っても必要なたんぱく質やアミノ酸を摂らないと筋肉はつきません.

つまり,食べることは,人生の大きな楽しみであるし,食べなければ健康も得られない必然ということです.

このNSTという組織では,僕たちSTも含めて様々な職種で多角的に皆さんの「食べる」ことを支えます.

栄養を摂って,適切な運動をする,これがわれわれ生物の理想と必然です.しかし、人は必ず食べられない時が来ます.老齢や病気によってです.そうやって死を迎えるのも生物の宿命だからです.

皆さんが少しでも長く,楽しい食事ができるようにお手伝いさせていただきます.何かあったらお声掛けください.

おいしいもの食べて,楽しく過ごしましょう.

ではまた!

NST便り-第29報-

ラジカセ

昔,大学の医局にいた若い頃,新しい教授が赴任された.

世界レベルの巧みな手術手技を持った先生である.

手術室に巨大な「ラジカセ」を持ってきて,度肝を抜き,「これがないとリラックスできまへんからな」と関西弁が新鮮だった.

カセットテープで「ロッド ステュワート」が がぁーん と来て,さらに度肝を抜かれた.

誰も味方のいない一匹狼で乗り込んできて,自分のやり方を始めることになって,大いに緊張していたのだろう.

もちろんロッド ステュワートはしばらく続いた.

自分も術者になってリラックスのために音楽は必要だった.

ラジカセでCDや,400チャンネルの有線放送設備があった.

主に,はやりの歌謡曲を聴きながらやったが,知っている曲はつい謡ってしまうので,その後は有線のB40:すなわちモーツァルトにした.もちろん知っている部分はうたってしまうが,歌詞がないから,みな ラ ラ ラ ですむ.

家の近くにこじんまりとしたパン屋があった.とうさん一人で切り盛りしていた.一人なのに何十種類もパンがあって,きっと毎朝3時に起きてパンを焼いて,夕方また翌朝の仕込みをしていたのだろう.

いつも,モーツァルトがかかっていた.「こうしないとおいしいパンが出来ないんだ」と言っていた.25枚のCDがまとめて入るマルチ CD チェンジャーというやつだった.昨日は「あの曲」,今日は「この曲」と,当てるのも楽しみだった.

カナダにいた時,実験がうまくいかず,言葉も通じなくて孤立感は最大だった.隣の病理のラボは1日中ラジオがかかっていた.当時の古いIBMのPCでは音楽再生は夢の又夢だった.

しばらくして,手術室の看護師から手紙をもらった.「早く帰ってきて下さい.そしてまた,みぽりんをかけながら一緒に手術しましょう」とあったので,励まされて,大いに涙した.

いい音楽がかかっていると食欲も増すだろう.病室でもロッド ステュワートやモーツァルトが常に流れていると,皆の食餌摂取量がアップしそうだ.

全館同じ曲というわけにはいかないが,食事の時くらいはテレビなどに注意を奪われずに,耳から脳に気持ちよく流れる音楽があってもいい.

黒川泰任

 

NST便り-第28報-

皆さんはじめまして!今年の7月よりNSTに加入した看護師の松崎と申します

今年も残すところおよそ2か月となり,北海道の早い冬が訪れようとしています.そんな冬にも「脱水」が起こりうることを皆さんはご存じでしょうか?

脱水というと暑い夏のイメージが強いかもしれませんが,実は冬でも脱水を引き起こすリスクがあります.その1番の理由は,空気の乾燥が挙げられます.最近の住宅は気密性が高いうえ,エアコン・ストーブなどの暖房器具の使用によりさらに湿度が低下します.乾燥した環境では,皮膚や粘膜,あるいは呼気から自覚がないまま水分が失われる「不感蒸泄」が増えます.つまり冬場では日常の室内生活で知らないうちに,体から失われる水分量が増えている可能性が高いのです.

加えて冬は水分を失っている自覚が少ないため,夏場に比べて水分摂取量が減少傾向となります.「体感温度が低いと喉の渇きを感じにくい」,「体を冷やしたくない」などの理由で水分摂取を控えてしまいます.

このように、空気の乾燥による不感蒸泄の増加・水分摂取量の減少が同時に起こりうる冬は,日常的に脱水のリスクと隣り合わせであることに注意が必要です.

脱水の症状としては,皮膚の乾燥,口腔内乾燥,倦怠感,活気がなくなる,眩暈や立ち眩みなどがあります.

冬場の暖房の効いた部屋で長時間過ごすときの脱水予防としては,喉の渇きを感じる前にこまめな水分補給を心がけることが重要です.不感蒸泄では電解質はあまり失われないため,日常生活における脱水予防としては,温かい白湯などの体を温めつつ水分を補える飲料が良いと思います.また,室内の湿度を高く保つことも必要です.食餌には,ホウレン草や小松菜のような電解質・水分が豊富な緑黄色野菜や果物を摂るのもいいかもしれません.

そして冬はインフルエンザや感染性胃腸炎の流行時期でもあります。嘔吐や下痢,高熱で発汗したときには,水分と共にナトリウムやカリウムなどの電解質も失っているため,水を大量に飲むだけでは適切な水分補給ができません.水だけを大量に飲むと一旦は体液量が増えますが体液に含まれる電解質の濃度が下がり,体液濃度を一定に保とうとする体の仕組みで水分のみが排出されるため,脱水状態から回復できなくなってしまいます.水分と共に電解質を失っているときには、水だけを飲むのではなく,電解質を含む飲料(スポーツドリンクや経口補水液)で補水することが重要です.

感染症に目が向いてしまうご時世ですが,バランスの良い生活を心がけ,「冬の脱水」による体調不良にも気を付けていきましょう.

看護師 松崎美咲

NST便り-第27報-

皆さんはじめまして.臨床検査技師の山本と申します.

秋があっという間に訪れ,気温が下がって空気が乾燥する季節になってきました.空気が乾燥すると肌だけでなく,喉や鼻の粘膜も同じように乾燥します.乾燥すると鼻の粘膜が弱って傷がつき,鼻づまりや鼻血が出やすくなります.また,粘膜が乾燥するとウイルスなどの異物が体内に侵入しやすくなります.そのため,乾燥肌の対策だけでなく鼻粘膜の乾燥を防ぐことがとても重要です.

乾燥に加え,寒いと鼻水が出て鼻をかむ回数が多くなり,さらに粘膜が傷ついて鼻血しやすくなります.私も鼻をかむと鼻血がでることが多いです.鼻血の主な原因としては,空気の乾燥,鼻炎などで鼻の粘膜が弱って傷つき,毛細血管が破れて出血します.

鼻血を予防するには,鼻の粘膜を傷つけないことが重要で,鼻をいじることは避け,鼻をかむときも優しくかむようにします.また,粘膜をつくりだすビタミンや鉄分などの栄養素を摂取することで鼻の粘膜が強化され,予防につながります.粘膜をつくる栄養素を含む食品としては,ムチンを含む納豆,オクラなどねばねばした食品,ビタミン(A, B2, B6, Cなど)を含む緑黄色野菜,果物,乳製品,卵,レバーなどがあげられます.これらの食品を意識して摂取することで,粘膜が強化されます.

また,鼻血は普段の行動,生活習慣や乾燥に気を付けることでも,ある程度予防できます.

これからの季節はインフルエンザやコロナの検査を受けることが増えると思われます.検体を採取する際に鼻腔を綿棒で傷つけることもあります.検査が必要ないように,皆様体調管理をしっかりしてお過ごしください.

臨床検査技師 山本 みお

脳神経外科 黒川医師 土曜日診療のお知らせ

脳神経外科黒川医師    土曜午前外来診療体制

月日 勤務状態
10月2日(土)    ×
10月9日(土)    
10月16日(土)    ×
10月23日(土)    
10月30日(土)    ×

                                                          江別谷藤病院